スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】悲鳴伝

少年VS.地球

現実的な英雄の話

あらすじ
彼の名前は空々空。
どこにでもいない十三歳の少年。
風変わりな少女、剣藤犬个が現れたとき、
日常かもしれなかった彼の何かは終わりを告げた。
ひどく壮大で、途轍もなく荒唐無稽で、
しかし意外とよく聞く物語は、
そんな終わりを合図に幕を開ける。
人類を救うため巨悪に立ち向かう英雄は、
果たして死ぬまで戦うことができるのか!?


これぞ西尾維新という風な物語。
登場するキャラクターは常識的なようで須らく狂っているし、予想を裏切るようで裏切らない先の読めない展開、言葉遊びなど、筆者の代名詞が詰まっている。
しかし、<物語>シリーズや刀語とは違い、むしろ<戯言>シリーズのような(中でもクビシメロマンチスト)胸糞の悪い話であった。そういうのは大好物です。
個人的に好きな場面は第3話の終わりだ。

 リードの繋がった首輪。
 その首輪を巻いているのは、犬でも、虎でも、パンダでもなかったし――空想上の生き物でもなかった。
「今日からそらからくんも、この子の家族だから。紹介するね、『狼ちゃん』だよ」
 そう紹介されたが、狼でもなかった。
 それは空々空よりもさらに年下に見える、後ろ手に手錠で拘束された、小柄な女の子だった。


すごく、キャラクターの狂いっぷりがわかると言うか何と言うか、この文章が受け付けられない人にはお勧めできないが、魅力を感じた人にはお勧めしたい。
そんな物語であった。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

えんたん(KABUTO WORK'S)

Author:えんたん(KABUTO WORK'S)
アプリ開発だったり感想だったりてきとーにやってきます

作成物置場
KABUTO WORK'S.Garage

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
相互リンク
二次元世界を追い駆ける日々
二次元世界観測所
鍵っ子×漫画等の感想ブログ

相互リンク随時募集中

ついったー
広告
ばなー
Key Official HomePage
最速VisualAntena
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
<物語>シリーズ セカンドシーズン
Angel Beats!-1st beat-
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。